メタモルフォーゼ=変わること、変わるという願望~厚田区望来で見た景色 詩・絵:あとり

【メタモルフォーゼ(変容)】

 

変わりたいという願望の先に

 

何が待っているのか

 

それまでの自分を飛び越えようとしても

 

未来の自分に会うことはできない

 

まずは

 

自分に問いかけてみてほしい

 

なりたい自分が本物であるのか

 

それとも

 

過去のない自分の抜け殻に未来を望んでいるのかを

 

 

詩・絵:あとり

 


この詩をご覧になっている皆様の中に、「望来」の漢字を読める方はいますか?
厚田区にある地名で、「望来=もうらい」と読みます。
希望の来る丘の上にある町で、夏になるととても景色の良い場所です。
丘の上のパン屋さんは有名な観光スポットではないでしょうか。

 

今回、こちらの景色から詩と絵を書かせていただきました。

 

絵のテーマの季節は冬です。
冬を全力で楽しんで、春を待つ様子を絵と詩で表現してみました。

 

描いた風景の地図

 

あとり厚田の画家詩人/ぎゃらりー&かふぇ ねこ道楽(代表:

投稿者プロフィール

厚田の画家詩人 風杜あとり
日本の絵本作家・詩人/画家 ぎゃらりー&かふぇ ねこ道楽 代表
札幌・沖縄・ロサンゼルスを中心にアート活動をしている画家詩人
今から13年前に、厚田の森の中でアトリエを建て始めて、7年前にギャラリー兼カフェとして、ねこの家をオープン
猫をモチーフに日本から海外まで活動の幅を広げている猫作家

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る